バスケットボール - 八千代市のバスケットボールブログ

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム

ビジネスブログ

2017年10月17日 [バスケットボール]
【必ず理由がある・・・】監督やコーチの「リーダーシップPM理論」とは・・・

勉強されている方、一度は見たり聞いたりしたことがあるかと思います。
Pとはつまり「パフォーマンス(目標達成機能)」、Mとはつまり「メンテナンス(集団維持機能)」のこと、PM理論ではこのPとMの機能が二つとも高いPM型のリーダーシップをとる指導者が最も結果が出ているとされています。
これ、スポーツに限らずに仕事でも何でも同じですよね!!
簡単にいうとチームを強くできて(P機能)、チームワークを高めることができる(M機能)コーチ・指導者が結果を出せるということです。

P機能はチームを強くすることにつながり、M機能はメンバーのチームへの満足度やチーム内の良好なコミュニケーションなどと関係が深くなっています。
ただしそれぞれがバラバラに働くのではなく、M機能の効果はP機能が適度に相乗した時により効果が高くなることがわかっています。
つまり、ある程度はチームを強くする能力がないと、チームワークを高めることが難しいということですね。

指示す具体的内容・数にも注目!!

「リーダーシップの状況論」というもの、簡単に言うなら、「選手の成熟度によって口出しの量と質を変えていく」というものです。
具体的に言うと、選手たちが未熟な時はパフォーマンスに関する声掛けや、指示等が多くなるのですが選手やチームが成熟していくにしたがって、少しずつ指示ではなく一緒に考えていくような声掛けを多くしていき、最後には選手たちに任せてみるというスタンスに変わっていくということです。
例えば、素人同然の選手には、ジャンプシュートのやり方や習得する意義などを1から丁寧に教えていましたが、一定の習得した選手にはほとんどそういった事はせず、むしろ選手の自己反省や自己分析を促すような声掛けにとどめているということです。
多くのミニバスのコーチ・指導者は上記のPM理論という体系的なコーチング理論を全く視野・思考に入れずに、単に自分の思いのまま、コーチのエゴで指導をしているコーチ・指導者が圧倒的に多いのが現状です・・・

あなたのお子様、どちらのコーチ・指導者より受けたいですか・・・??

単に近くにミニバスチームがあるから、バスケができる環境が近くにあるから・・・と安易に入ってしまうと、後は・・・(涙)
理論的・体系的にコーチングを考えていない、考えられないコーチ・指導者にぶち当たると【悲劇】の始まりです・・・

学校でも

「良い先生が担任になって良かった・・・」

という様に、

バスケ(ミニバス)でも同様、

「良いコーチ・指導者に指導を受けて良かった・・・」

という声が聞こえるか、聞こえないか(愚痴となる)、その見極めは子供ではなく父兄の問題・責任なんですよね、実は・・・

強いチームにはそれなりの理由がある!!

弱いチームにもそれなりの理由がある・・・

コーチング方法もチーム・所属する団体選択の大きな一つの子供の道を左右する大きな分岐点の判断材料の一つです!!

あなたのお子様の選択、大丈夫ですか・・・??


2017年10月12日 [バスケットボール]
【子供が夢中になれるもの・・・ それはPBAにあります!!】

1

現在、子供を取り巻く環境は、父兄のみなさんの小学校の頃に比べると様々なモノや選択が増えました。
ゲームや携帯も子供ひとりに1台の時代となり、時間を過ごすのは容易いものです・・・
習い事も一昔前は野球、サッカー、スイミング、ミニバスと少なかったのですが、今はダンスやオリンピック種目にちなんだ種目も多数ありますよね・・・

ただ、子供が夢中になれるもの・・・!?
実は多すぎるがゆえに、実はなかなか見つけられないんですよね・・・
よくあるレストランでメニューがたくさんあると悩んでしまう・・・なんて、似てますかね・・・

そんな子供達に何か一つでも夢中になって、続けて頂くことを見つけて欲しい!!

そんな思いがPBAにはあります。
現在、たくさんの子供達が、PBAバスケに夢中になって、毎週・毎回、参加をするのを楽しみにして頂いている声をたくさん耳にします。
本当にうれしい言葉ですよね!!
これから何かを子供に始めさせたい、スポーツをして子供に定期的にカラダを動かす習慣をさせたい、たくさんの子供達と一緒に活動をする集団行動を身に付けさせたい、等々、様々な目的を持ったお子様・父兄の方々にて、是非ともPBAのバスケを気軽にスタートしませんか??

PBAに参加されているお子様・父兄より下記の声をよく耳にします。
地域・学区・学校に関係なく、未就学児・小学生1〜6年生の男女のお子様がたくさん参加、元気に活動し笑顔でバスケを楽しんでおります。

お気軽に無料一日体験をお申込み下さい。
気軽に、楽しく、父兄も面倒な係などはホントに一切ございませんので、バスケといったらPBA、室内競技ですので、天候に左右されず、またウエアも汚れないので洗濯も簡単に(^^)

詳しくはPBAホームページをご覧ください。

【ご父兄の声より】
・運動が苦手な子供でも安心して始められる
・現在、小学生でも生活習慣病(いわゆるメタボ)が生じるので、肥満会費をさせたい
・学年レベルに応じたプログラムにて、同学年程度で同じレベルでできる
・平日、土曜と時間を選択できるので、週1回から自由に参加でき、他の習い事と掛け持ちでも安心して通える
・ボールも貸してもらえるし、始めるのに道具準備で経済的負担が少ない
・子供がバスケをしている時は、父兄は自由時間ですので、買い物や家事、自分時間がたっぷりと確保でき、面倒な係りや父兄のいざこざも無い


1

2017年10月11日 [バスケットボール]
鎌ヶ谷市・小学校対抗ミニバス PBA選手が各小学校チームでエース級の大活躍!!

1

10月1週目、鎌ヶ谷市内の全小学校が学校でチーム編成をして、対抗戦として女子のミニバス大会が開催されました。

PBAより鎌ヶ谷市のほとんどの小学校の選手が所属し、各学校のエース級の選手がたくさんおり、普段はPBAチームメイトですが、この日はライバル・対戦チームとして熱いゲームが繰り広げられました!!

PBAはミニバスチームではなく、クラブチームでの活動にて、たくさんの小学校から参加し、みんな仲良くバスケをプレイし活動をしているので、このような機会があると選手もそうですが、父兄もとても楽しみが増えますよね・・・

「あそこの小学校チームも活躍しているあの選手とあの選手はPBAなの」と・・・

日頃よりしっかりとカラダづくりを始め、バスケの基礎もしっかりと身に付けるトレーニングプログラムをしているので、ひときわPBA選手の活躍が目に付きますよね!!

各チームのエース対決がPBA対決!!
各チームのポイントゲッターがPBA!!

こんなゲーム展開が多々、見受けられました。

これもバスケの基礎から実践まで、また理論的にしっかりと指導を受け、確実に習得をしている選手のスキルの高さが、まさにPBA選手のプログラムをしっかりと遂行して発揮できた成果・結果ですね!!

現在、鎌ヶ谷市以外の船橋市・八千代市・市川市・松戸市・柏市・白井市等々、たくさんの地域・学校より集まってPBAで活動しており、中学へ進んでも選手、父兄も大会・試合での観戦も、PBAの仲間の応援もできて活躍し、成長を見れることはとても楽しみですよね!!

全国大会目指す中学校・高校へも続々とPBA選手が入学し、活動・活躍をしていくPBAのプレーヤー達、とても楽しみですね!!

PBAはこれからもバスケが大好きな子供達、バスケのスキルアップを図りたい子供達、応援したい父兄の皆様へ全力で地域に根ざしたバスケットボールクラブとして邁進して参ります。

皆様の入会をお待ちしております。
未就学児男女・小学生男女・中学生男女の皆様の無料一日体験も随時、受け付けております。


これからも最高の笑顔を子供達へ、PBAより・・・♪♪

2

2017年10月08日 [バスケットボール]
【10月7日(土)開催 関東ジュニアU10&8大会 U10優勝!!】

選手達の最高の笑顔、ありがとう!!
1

10月7日(土)に開催されました、関東ジュニアバスケットボールU10&8大会、たくさんのチームが集結し、ハイレベルなゲームが繰り広げられました。

今回よりバスケプロリーグのBリーグの下部組織の2チームも参戦し、U10クラス&U8クラスのレベルとは思えない高度な技術とスピード・パワーを全ての試合で見受けることができました!!

4

2

PBAチームにては、U10カテゴリーにて見事に優勝!!
素晴らしいプレイが多々、見受けられ、日頃のトレーニングの成果がプレイに出てました。

勝って笑い、負けて泣き、真剣にトレーニングを積んでいる、チームとして仲間を信頼しているからこそ湧き出てくる思いに、喜怒哀楽が現れるのですよね!!

3

スポーツ、バスケットボール、PBAバスケの仲間って、やっぱり素晴らしいですね!!

これから更にワンステージ高い目標へ向けて、選手達はひたむきにトレーニングへ取り組むことでしょう!!

大会を通して選手・子供達の成長を感じるこの時を、素晴らしい1日でした!!


5

2017年10月07日 [バスケットボール]
【本日10月7日(土) U10&8関東ジュニア大会へPBA出場!!】

本日、10月7日(土)にU10&8関東ジュニア大会へPBA出場します。
関東の強豪クラブチームが参戦し、レベルの高い熱いゲームが繰り広げられます。

今回よりBリーグ下部組織のU10&8クラスのチームも参戦し、いよいよ小学生バスケのクラブ化も更に拡大、熱くなって参ります。

前回のU10覇者のPBAチームは連覇なるかが注目です!!

選手の健闘と熱いゲームを期待します。

2017年10月04日 [バスケットボール]
【最近の子どもは体力がない・・・?!】

よくこの言葉を耳にしませんか・・・?
よくある「最近の若者は……」という語り口「若者論」は、ごく小さな範囲での印象を持ち出すことが多い。
しかし、毎年のニュースで報道されることからも、「最近の子どもは体力がない。」「最近の子どもはすぐに倒れる。」このふたつの言葉はあながち否定できないのかもしれないです……

これはスマートフォンやテレビゲームなど、室内で遊ぶものが増えたことで、外で遊ぶ子どもが減り、体力の低下、熱中症などに関しては、暑さに馴れる機会が減ったことが原因かと思われます。

「持久力がある人の方が・・・」

持久力とは「最大酸素摂取量」、運動中に体内に取り入れられる酸素の最大量のことです。体力テストでは「シャトルラン」の記録と関係が深いものですね。
最大酸素摂取量は実は体内の血液量とも深い関係があり、最大酸素摂取量の多い選手ほど血液量も多いことがわかっています。
血液量の多い(持久力のある)人ほど、運動によって体内で熱が作られても、その熱を逃がす機能(発汗など)が優れているので体温が上がりにくく、血液量の少ない(持久力のない)人ほど体温が上がりやすいのです。
これが室内で遊ぶ機会の多い若者と、スポーツをする子どもの熱中症に対する耐性を大きく分ける原因になります。
持久力の有無に大きく関係性が持たれます・・・

おなたのお子様はいかがでしょうか・・・??

室内で過ごす、持久力の無いお子様へ向かってませんか・・・?

持久力が無いと、カラダづくりができていないことより虚弱なカラダ、体力となり女米木力を始め、健康的な日常生活に支障をもたらすと共に、あなたの大切なお子様の【集中力!!】に大きな影響を及ぼすかと思われます。

よく言われるスポーツのトップ選手の集中力は凄まじいものがある!!

これって、持久力と関係が・・・
持久力を持つ日々、日常のトレーニング、カラダを動かすことの重要性を・・・
そして、持久力がつくスポーツの代名詞といえば、やっぱりバスケットボールですよね!!
小さな狭いコートを行ったり来たり・攻めと守りでの攻守の攻防が激しく、それが持久力・集中力へと・・・

そんな素晴らしいスポーツができる環境がココに、当クラブがございます。

当クラブは、単なるバスケをするというよくあるバスケ(ミニバス)チームではなく、専属のトレーナーがプログラムを立てて実施するカラダづくりのプログラム提供をしっかりと実施して参ります。

どうぞ、大切なあなたのお子様のカラダづくりを、持久力・集中力の向上を、単に物静かに熱心に取り組むゲームを与えるだけの家庭環境は脱出し、ちょっとしんどい・つらい思いをしても将来へ向けた健康なカラダづくりのために、あなたの大切なお子様へしっかりと定期的に運動をする習慣を身に付けていきませんか・・・??

無料一日体験を随時、受け付けております。
お気軽にホームページまたは電話にてお申込み下さいませ!!


2017年10月02日 [バスケットボール]
10月1日(日) U10・9・8クラス 大会前の合同練習開催!!

10月1日(日)、PBA・U10・9・8クラスの選手達は一同に集結し、来週のU10&8・関東ジュニアバスケットボールクラブ選手権大会へ向けた最終調整へ入りました!!

たくさんの元気な選手達が集まると、体育館内も熱気&活気に溢れ、体育館いっぱいに大きな声と笑顔溢れる子供達のプレイが見られました!!

Uクラスで必要な、【空間認知】のトレーニング・プログラムを実施し、子供達は真剣に次々とプログラムをクリアし、子供の吸収力はやはり早くて素晴らしいですね!!

各クラスごとでのトレーニング・プログラムもチャレンジングなプログラムを設定し、子供達の目の輝き・表情も次第に変わってきました。

最後は各クラスでチーム編成をしての真剣勝負のミニゲーム、やはり勝敗が絡むバスケゲームとなると真剣そのもの!!

真剣にバスケをするから面白い・・・
難しい局面がたくさんあるから面白い・・・

子供達の成長を感じつつ、来週の大会ではPBAの全チームの検討と優勝を目指して頑張って頂きたいと思います!!

2017年10月02日 [バスケットボール]
9月30日(土) U12女子・強豪チームとの練習試合開催!!

9月30日(土)に、PBA・U12女子チームは、県外のミニバス全国大会出場チームや、現U12日本代表(エンデバー)選抜選手率いるチームとの練習ゲームを実施しました。

スピード・パワー&テクニックある選手が多く、多くの気づきと学び、経験をさせて頂きました。

PBA・女子U12チームも良いプレイが多くみられ、勝利へと導かれました!!

プレイしている選手も、観戦している父兄・スタッフ陣もエキサイテイングな試合に一喜一憂し、とても楽しいバスケタイムとなりました!!

継続的に取り組んでいる課題点もクリアできている場面も多く、また新たな課題もみつかり、今後の選手・子供達の更なる成長がとても楽しみですね(^^)

2017年09月28日 [バスケットボール]
スポーツの秋!! PBAバスケットボールで、大切なお子様のカラダづくりをしよう!!

@カラダづくり・運動不足の解消に最適!!

「バスケットボール」は出場するプレーヤーが全員で守り、全員で攻めるという、攻守の攻防が目まぐるしく入れ代わるスポーツです。野球やサッカーのようにポジションによって運動量に差が生じることはあまりありません。みんながコートの中をところ狭しと走り回わり、だれひとり、じっとしている暇などありません。とても体力・持久力、そして集中力がつくスポーツです。

A俊敏な動きが身につく!!

「バスケ」は相手と対峙しながら飛んでくるボールに素早く反応しなければならないので、自然と動体視力が養われ、視野も広く使えるようになります。とっさのときの身のこなしが自然と身につきます。

B全身をバランスよく鍛えることができる!!

「バスケ」は、「走る」「跳ぶ」「投げる」「接触する」といった要素で構成された競技なので、スポーツに必要な身体能力の向上に最適です。

C小学生のスポーツとして最適!!

最近、ゲームを家でする子供達が増え、外で遊ぶ子供が減ったと言われています。木登りや鬼ごっこなどで自然に身に付いていた運動能力を、今はスポーツが担っているのが現状です。
身体が成長期・ゴールデンエイジの時期にある小学生が行うスポーツは、体力や身体能力の向上に重点が置かれています。専門的な動作ばかりを繰り返すと怪我の要因にもなり、それこそ健康が損なわれることにもなりかねません。「バスケットボール」は全身運動であり、さらにからだを左右均等にバランスよく使うスポーツです。野球やテニスのように利き腕ばかりを使うということはありません。同じ部位を酷使することなく、全身をまんべんなく鍛えることができます。
また、使用するのはボール1つなので、手軽に始められ、小学生にはうってつけの競技のひとつと言えます。

Dストレス発散にもってこい!!

「バスケットボール」はバレーボールと違い、相手と直接接触するスポーツです。とはいってもラグビーやサッカーのようにガンガン当たることはルールで厳しく制限されています。よって程よく相手とぶつかりながらプレイができますので小学生のストレス発散にはもってこいです。余談ですが、この相手とぶつかる動きがあることで、ちょっと太めの子供達でも活躍できるチャンスが生まれます。ゴール下で大きな子に立ちふさがれたらそれだけでやりにくいものです。それにちょっとやそっとの当たりでは、びくともしないというのも魅力です。
子供もストレス社会で生活をしてますので、親がちょっとしたストレス発散の場所を選択してあげることで、日常生活の心身の向上に役立ち、大切なあなたのお子様のQOL(生活の質)がより一層向上しますね!!

E他のスポーツにも応用が利く!!

バスケットボールの動きは古武術やボクシングなどの格闘技にも、相互に応用され始めていますので格闘技をやる子にも有効です。また欧州ではバスケ出身者がサッカーにバスケのフォーメーションを取り入れて活躍しているそうです。将来サッカー選手を目指している子供達にもバスケの経験はきっと役に立つことでしょう。スポーツのかけもちは、なかなか出来ないでしょうから小学生時代がチャンスです。

F社会のルールを学べる!!

「バスケットボール」のルールは厳格です。ボールを奪いに相手の手に触れただけでファール(反則)を取られてしまいますので、1試合に数十回の笛が吹かれる事も少なくありません。それだけにルールの有用性を身を持って体験できます。この経験は社会生活においても生かされていくことでしょう。

G見るのも楽しい!! 〜〜父兄の方!!〜〜

「バスケットボール」は室内競技なので天候に左右されません。風雨の影響をあまり受けないので比較的楽に観戦できます。日焼けも気にせず応援できますよ(^^)。
また、体育館は狭いので、プレイヤー(我が子)を目の前で応援することができます。さらに一試合で50〜60点入ることも珍しくありませんので、どんどん点数が入り見ていてあきません。シュート機会も多く、我が子が点数を入れる(活躍する)場面もきっと見られるはずです。

★小学生のうちは、同じ競技を重点的に行うのも結構ですが、いろいろなスポーツを体験させてみてはいかがでしょうか。これは「怪我の予防」や「バーンアウト(燃え尽き)」を防ぐとともに、「子供たちが自分にあったスポーツに出会う機会を増やす」意味も含まれているのです。
「バスケ」は、動体視力や運動神経も含め、全身をバランスよく鍛えることのできるスポーツなので、幼少期のスポーツとしては最適です。中学生になって他の競技に進んだとしても必ずやお役に立つことでしょう。


【PBAバスケの魅力】
PBAは地域・学校に関係なく、たくさんの地域・学校よりたくさんの子供達が参加しております。

父兄の面倒な係り、当番制も一切なく、父兄は送迎のみ、父兄間の面倒ないざこざも発生しませんし、父兄の方々はご自身のペースで自由に過ごせます。
そして、子供はバスケットボールのみに専念でき、変な上下関係やしがらみなどもございません(厄介な父兄の世間話にも付き合う必要がないんですよね)・・・(笑)

そして、お子様もご家庭や他の習い事のスケジュール等で自由にお休みを頂いて構いません(Uクラス「選抜クラス」は別の規則があります)。

しがらみの多いミニバスケットボールチームではなく、父兄も子供も現在は多様なライフサイクル、価値観を持っております!!
どうぞ、ご検討下さいね!!

そして、PBAにはしっかりと指導ができるコーチ陣が多数在籍しております。

よくあるミニバスチームの様に、指導者が仕事の異動で突然いなくなった・・・とか、父兄コーチが自分の子供と一緒に卒業していなくなった・・・とかはなく、安定してしっかりとした運営・指導の下で大切なお子様がスポーツ・バスケットボールができます。

無料一日体験も受け付けております!!
お気軽にホームページまたはお電話にてお申込み下さいね!!

皆様の来館をコーチ一同、お待ちしております!!


2017年09月26日 [バスケットボール]
【PBAの大会・試合後の細やかな選手フォローへの取り組み・・・】

1

PBAのU12・11クラス男女選手にて、9月24日(日)、前日の大会後にて、チームならびに選手個々への分析フィードバックを行いました。

試合時のスタッツかたの選手個々へのプレイの傾向と課題・対策を具体的に指示・指導を実施。

そして、チームの更なるレベルアップへ向けたビジョンとプレイイメージの説明と理解、イメージトレーニングを実施しました。

小学生スポーツにおいては、あるべき姿へのイメージトレーニングを図ること、スタッツ等によるエビデンスデータにて選手個々への自己認識からの明確な課題設定にて、次からのトレーニング・プログラムへ取り組む際にも個々にてチャレンジ意図・目的が異なり、個々の成長へとつながっていきます。

2

しっかりと自身の現在の立ち位置、どのようにプレイをすればbetter・bestへ向けたプレイへ導くことができるかを分かった選手達の表情、目の輝きの変化は一目瞭然、素晴らしい顔つきに変わり、次のステップへ向けたトレーニング・プログラムへ直ぐにチャレンジしてますね!!

PBAではこのような育成プログラムを通して、未来ある素晴らしい選手達への更なるスキルアップへの取り組みのサポートを最大限引き出し、実施して参ります!!

PBAは科学的に、頭でバスケをする!!

これがまさに、PBA育成メゾットのノウハウなのですよね・・・!!

今後もPBAのUカテゴリークラスの選手達へはしっかりとした育成メゾットを提供して参りたいと思います。

3

このページの先頭に戻る

パシフィックバスケットボールアソシエーション

会員ページはコチラ

入会申込みフォーム